株式会社 丸己工業所

近畿一円の左官工事のことならおまかせください。|大阪府摂津市 株式会社 丸己工業所

会社案内

TEL:06-6195-1157 
FAX:06-6195-1158
MAIL:info@marumi75.co.jp
〒566-0047
大阪府摂津市浜町9-20

 

対応地域

近畿一円

 

ブログ

 

HOME»  ワンタッチレベルポインター

ワンタッチレベルポインター

床レベル精度確保に苦労されてないですか

現在のコンクリート床レベル精度確保には主にレーザーレベル機が使用されております。しかし残念ながらその機械では十分な精度の確保が困難です。その主な理由は1.使用する職人さんの使用方法による誤差発生、2.レーザー親機からの遠距離による誤差発生、3.メンテナンス不備による誤差発生等々。
また並行して設置されるレベル精度の当たり目印についても、1.鉄筋にテープ巻きでは壁・柱際周りにしか目安が無い、2.床中央部での当たり目印として床型枠釘打ちや鉄筋溶接による設置ではコストが掛かりすぎる、またコンクリート打設時の変化に伴う誤差修正が困難等々。

 

なぜ床レベル精度の確保が必要?

現在前述のような要因で床レベル精度が確保できない場合、様々工法にてその修正が必要となります。そのコストは決して低いものではありません。また品質の点からも健全とはいえないと考えます。

 

解決法は?

完全無欠な解決方法はありません。しかしその精度を上げる方法はあると考えます。前述の方法を何重にも取り入れることです。
1. レーザーレベル機の活用
2. 壁・柱廻りのレベルテープ巻き
3. 更に床中央部の当たりの設置
4. 目視レベルによるチェック
    以上の方法を取り入れ幾重にもレベルチェックを行い、勘によるレベル精度確保の範囲を減少させることです。

 

提案します!

私たちは床中央部のレベル確保に注目しました。多くの場合そこの精度確保は勘に頼らざるえないことが多いのです。そこに簡単に設置できる、簡単に精度調整ができる、そういう器具があればよいのではないでしょうか?

 

ワンタッチレベルポインターです!

1. 鉄筋に挟む方法なので設置が簡単。
  空き時間で誰でも設置が可能です。
2. アクシデントでレベルが動いた場合でも
 簡単に微調整ができます。
 ねじ式なので誰でも調整ができます。
3. コストが低い。
 器具の単価、設置手間共従来品と比べて
 格段にコストダウンができます。
4. コンクリート床レベル修正コストの低減。
 精度が上がることにより、不必要なレベル修正
 コストの低減が見込まれます。

 

ワンタッチレベルポインターです!

 

使用方法のご説明

使用方法のご説明

 

1.レベルポインター(台)についている溝に合わせて鉄筋にはめ込みます。

 

説明2

説明2

 

2.鉄筋の交差部にて、レベルポインター(台)についている溝を合わせて鉄筋にはめ込みます。

 

説明3

説明3

 

3.レベルポインター(台)についている溝に合わせて鉄筋にはめ込みます。その時には上下きっちりと合わせます。

また設置はよりレベルの誤差が小さくなりますので鉄筋スペーサーの間際に取り付けてください。

 

説明4

説明4

 

4.次にポインターを取り付けます。

 

説明5

説明5

 

5.ねじ込み式ですので、ねじ山にきっちりと合わせます。

 

説明6

説明6

 

6.ねじ込み後、現場仕上レベルにてポインター頭部を合わせて設置完了です。